• 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真10
  • 写真11

鼠蹊部痛

三月になって朝晩の気温差が大きくて体調を崩されてる方が多くなりましたね。皆さん気を付けてください。
今日は鼠蹊部の痛みの話です。前にトピックスに書いたと思いますが 、このところ鼠蹊部痛に悩んでると言う話を多く聞くので、改めて書こうと思います。
鼠蹊部痛の場合ほとんどが、脚を内に回す内転筋の痛みのようです。歩行時に前に出した左右の足の踵の位置に差が有る(一歩右足を出した時の踵と左足を出した踵の幅に差が有る)時、ふり幅の短い方の脚の鼠蹊部に痛みが出ます。文章での説明は分かりにくいので、詳しいことを知りたい方はいらしてくだされば説明します。 簡単な検査法は、うつ伏せで骨盤の上端が高い方の鼠蹊部に痛みが出る場合が多いようです。
最初の痛みは1~2週間で消えることが多く、再度痛みが出ると前回より激しい痛みになるようです。 その後また痛みは消えますが次に出た時は二度目より大きな痛みになってることが多く治療にも時間が掛るようになります。
鼠蹊部に痛みが出ていて何処に治療に行って良いのか分からない方は、是非私の所に来られてください。良い結果が出ると思います。 

[2015/03/11 更新]

>>TOPICS一覧へ戻る

ページの先頭へ