• 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真10
  • 写真11

膝痛

普通膝痛と言えば膝関節が痛いと言いますが、細かく言えば膝周りの痛みと言うようになります。

膝の 前の痛みは大腿四頭筋の痛みが出ます。膝の横の痛みは側副靭帯、内の場合は内転筋の炎症がある時に出ます。膝の裏の痛みも内転筋に炎症がある時に出ることが多いです。

このような膝痛の場合、うつ伏せ状態で左腸骨の上部の腰点(骨盤の上部)が上にある場合、左の膝裏もしくは内側、右膝前もしくは外側に痛みが出ることが多いです。右腰点が上にある場合は右の膝裏と内側、左膝前と外側に痛みが出ます。

膝関節そのものに炎症が出る時のよくある骨盤の位置は右膝関節痛の場合は右腰点が左より下に、左膝関節痛場合は左腰点が右より下にある場合に多いと思います。

こもような場合は自然に治る事はないので整体で骨盤を調整して治療することをお勧めします。膝は変形が入りますので、痛みが出たら、早めに治療をしてください。

[2017/02/10 更新]

>>TOPICS一覧へ戻る

ページの先頭へ