• 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真10
  • 写真11

揉みほぐすって、、、。

痛いところを揉むって言う方は多いと思います。ですが、その後違う感じの痛みが出てきたって言う事も多いと思います。

揉むって言う事は筋肉の筋繊維を指で押し切ってるんです。だから硬くなった場所が柔らかくなるんです。と言うことは、考えようによれば、それは筋肉が傷ついて怪我をしてると言うことです。それで後に違う痛みが出て来る。ですから、硬くなった筋肉は揉みほぐさない方が良いと言う事になります。 

では、肩凝り等で硬くなった筋肉はどうすれば良いか? 何故硬くなったのかを考えて、曲った背骨を矯正する。そして矯正した後曲がってたであろう姿勢をしない。毎日仕事で同じ動きを人は仕事終わりに体操等をして背中を緩める。立ち方座り方に気を付ける。などを行えば自然に筋肉は緩みます。これは手脚等にも共通します。

私は治療の際、患者さんが気持ち良いと言った場所を触るのは出来るだけ短くしてます。そこを揉むと筋肉に多く傷をつけるからです。 出来るだけ短い時間で整体することで、1日〜2日後に楽な状態を作ることが出来ます。

肩こり、頭痛、脚の痛み、腕の痛み等治療に行っても良くならないと感じてる方は整体を試して下さい。


[2019/10/24 更新]

>>TOPICS一覧へ戻る

ページの先頭へ