• 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真10
  • 写真11

ストレッチしても案外ストレッチ出来てないかも、、、。

患者さんから腰痛が有るのでストレッチをしていると言う話を聞くことがよくありますけど、腰痛のある状態でのストレッチは良くないと思います。また、ご自分ではストレッチ出来てると思った動作が、実は力み過ぎて伸びるどころか縮んでる場合があんです。

よくありがちな寝た状態で身体を捻る動作は力みが無くて捻れるなら伸びるのかもしれませんが、実際は捻ろうとする余りかなりの力みが出ることが考えられます。一つの動作をした場合それに対する応力のような力が身体の中に出てきます。その時に動作を止めれば残った応力が身体を元の位置に戻すことが考えられます。実際、この状態で来院される患者さんは多くいます。

腰痛が出たら運動は避けて治療後痛みが無くなってストレッチしましょう。その時は予防運動も一緒に指導させていただきます。見よう見まねでのストレッチは逆効果になる事を覚えてください。

[2018/03/20 更新]

>>TOPICS一覧へ戻る

ページの先頭へ