• 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真10
  • 写真11

ウォーキング

よく患者さんよりウォーキングについて質問されます。 ほとんどの方は大股で速歩大きく腕を振って歩くと言われますが、私はその歩法の他にもっと良い歩き方が有ると思います。
ウォーキングをされてる方の中にはスポーツとしてのウォーキングをされてる方もいらっしゃいますが、殆どの方がメタボを気にしたりダイエットを考えて歩いてると思います。 この場合運動量が大事ですけど、それに伴ったストレスの問題を解消しなければ効率の良い運動になりません。
そこで、ストレスの掛りにくい歩き方がないかと自分なりにやってみたところ、大きく腕を振らないで、少し大股でゆっくり歩くと効率が良いことに気が付きました。
ここで一番大事なことは、ゆっくり歩くということです。そして前足の踵が地面に着いた時に、後ろ足の親指がまだ地面についていることが大事です。
大きくゆっくり、あまり腕を振らずにプラプラ歩く。 これがいい!!  そして距離や歩数ではなく時間を気にして歩く。 私の経験では40分が良いようでした。 毎日もしくは一日おき位が良いでしょう。
楽しく、無理せず、ゆっくり歩けば、確実にメタボやダイエット、またイライラ等のコントロールが効率よく出来ますよ。

[2013/09/26 更新]

>>TOPICS一覧へ戻る

ページの先頭へ