• 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真10
  • 写真11

頭痛・偏頭痛・肩こりについて

1) 頸から背にかけて僧帽筋(そうぼうきん)を緩めます。
2) 腰の周りの筋肉を緩め、仙腸関節(せんちょうかんせつ)を調整します。
3) 頸部の筋肉を緩め可動域を広げます。
4) 胸椎を矯正し、頸椎から胸椎までの上下間隔を調整します。

この整体をすることで、頭痛と偏頭痛は解消します。

また、この調整により肩甲骨の可動域も広がり、肩こりも解消と予防ができます。

施術風景01   施術風景02

ページの先頭へ